仕事場の対人家系にに苦悩し転業した30代保育士の理由2選とモメント2選苦労したこと

仕事場の対人家系にに苦悩し転業した30代保育士の理由2選とモメント2選苦労したこと

私が保育士を目指した2つの理由

 

保育士になった訳合いは、児童の育成を見守る保育士の職務に大きな魅力を感じたからです。そして自分の母が保育士だからです。

 

といった2つがあります。小さいころから、保育士として楽しそうに働く母の姿を見て来た影響がとても強いです。

 

転職をしようと思ったモメントは、〇職場の人間関係があまり良くなかった〇自宅からのアクセスが悪かったの2点です。

 

職場の人間関係は、同期で仕事をしない人がいてとても困りました。

 

転職で苦労したこと

 

転業では色んな苦労をしました。初回の転業という事もあり、毎日ずっと真面目にハローワークに通いました。それだけでも色んな情報を習得できましたが、中々良い仕事が見つからないでいるうちに、ネットサーフィンで発見した、保育士の転職支援サイトに救われました。

 

そのサイトには、たくさんの求人情報があり、また職業カテゴリー、エリヤ、こだわり別にサーチ可能な軽便なキャパシティ付きなど、基準的な部分で大変役立ちました。また、転業アドバイザーが真剣になって、自分の転業支援をしてくれたことも有難かったです。

 

技術のあるベテランの人が、転業支援をしてくれると、アマの自分が探すのとはまったく違い、即座に自分の願いどおりの求人を発見できました。これらが、自分が転業するにあたり苦労した点と、それを包み隠してくれた転職支援サイトの話です。

 

転職して良かったことやアドバイス

 

〇転職して良かったこと

 

人間関係が良好な仕事場で、加えて念願の少人数保育の修錬を行え、非常に心嬉しく思っています。家から車で1時間くらいの場所の仕事場だったので、多大な時間や労力などを費やすことのバランスも考えて、より通勤しやすい仕事場を選定したいという夢が叶いました。

 

〇転業を思考している人へのアドバイス

 

自分の保育士としての職歴プランをきちんと考慮して、決定的 な一歩を 進み出るようにしてみましょう。

 

〇初めて転業する保育士に告げたいこと

 

この経験談にもありましたが、労働しながらの転業はものすごく大変です。ハローワークに通い、膨大な数の求人からたった一つの職務を選定する際、履歴書や職務経歴書、面接などと色々とやることが多く草臥れます。保育士 専業の転職サイトなら、自分にピッタリな保育園を選んでから紹介してくれます。真剣にに転業支援してくれます。


ホーム RSS購読 サイトマップ